日本降伏に至るまで

江戸の将軍懐かしいなぁなんて 検品しながら問題見てたら、問題は昭和へ。

1945年「ポツダム宣言を受けて 日本無条件降伏」 。

ポツダム宣言って無条件降伏勧告だったっけ?

確か様々な条件が書いてあったはずだけど…、広島と長崎に核がおとされた後に皇室を解体しないという条文が追加されたのから分かるように 有条件降伏だったような気が。

有条件だったのに、無条件降伏のように振る舞った進駐軍の 東京裁判を見直そうという動きも出ているのですが…。

クライアントも東大が こういった史観を持っているから 受講生に合格して貰うべくやっているんだと思います。

日本降伏に至るまで、条件のやり取りは双方でなされていたわけですし、条文を全部載せれば無条件ではないと 分かるはずですが。

その後 。サンフランシスコ平和条約で主権を取り返したとなっています。

結果として主権はこの時取り返ししています。

しかしながら、本来あったはずの条件を奪われたのと、元々条件がなかったのでは意味が違います。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り